司馬遼太郎とビジネス書と農業関連本などを読む。

アクセスカウンタ

zoom RSS #314【ローマ皇帝の言葉】自省録 マルクス・アウレーリウス 岩波文庫1956年

<<   作成日時 : 2012/06/11 23:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


自省録 (岩波文庫)
岩波書店
マルクスアウレーリウス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 自省録 (岩波文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ローマ帝国の五賢帝の五番目、すなわち、ローマ帝国が栄えていた最後の時代の皇帝。

この自省録は、マルクス・アウレーリウスが皇帝の時に書き留めたもの。

2世紀の、しかもローマ帝国の皇帝の言葉が聞けるだけでも、すばらしい。

塩野七生の「ローマ人の物語」で、マルクス・アウレーリウスの生涯を垣間見た(読んだ)ので、彼の言葉に頷ける。

映画化されて話題の漫画「テルマエ・ロマエ」にも登場しているので、なおさら興味深い!


Amazonの内容紹介はこの通り。
者はローマ皇帝で哲人.蕃族の侵入や叛乱の平定のために東奔西走したが,僅かにえた孤独の時間に自らを省み,日々の行動を点検し,ストアの教えによって新なる力をえた.
本書は静かな瞑想のもとに記されたものではあるが,著者の激しい人間性への追求がみられる.
古来,もっとも多く読まれ,数知れぬ人々を鞭うち励ました書.



さすが哲人皇帝!という言葉がたくさん。

読んだのは半年くらい前だけど、自分を戒めたいとき、なにかありがたい言葉を聞きたい時に、この本を開いている。

特にグッときたのは、次の4つ。

@起きたくない時に
明けがたに起きにくいときには、つぎの思いを念頭に用意しておくがよい。
「人間のつとめを果たすために私は起きるのだ」
自分がそのために生まれ、そのためにこの世にきた役目をしに行くのを、まだぶつぶついっているのか。
それとも自分という人間は夜具の中にもぐりこんで身を温めているために創られたのか。
「だってこのほうが心地よいもの」
では君は心地よい思いをするために生まれたのか、いったい全体君は物事を受け身に経験するために生まれたのか、それとも行動するために生まれたのか。

→明日の朝に思い出そう!


A起きるのがつらい時に
眠りから起きるのがつらいときには、次のことを思い起こせ。
社会に役立つ行為を果たすのは君の構成素質にかなったことであり、人間の(内なる)自然にかなったことであるが、睡眠は理性のない動物にさえも共通のことである。
しかるに各個人の自然にかなったことはその人にとってなによりも特有なことであり、なによりもふさわしいことであり、したがってなによりも快適なはずである。

→皇帝でさえも、起きるのがつらい時があったと思うと、親しみがわく。
人間として、社会に役立つ行為をしねば!


Bスティーブ・ジョブズ?
完全な人格の特徴は、毎日をあたかもそれが自分の最後の日であるかのごとく過ごし、同様もなく麻痺もなく偽善もないことにある。

→スティーブ・ジョブズは、マルクス・アウレーリウスからこの言葉をパクった?



C利他の精神
人に善くしてやったとき、それ以上のなにを君は望むのか。
君が自己の自然に従って何事かおこなったということで十分ではないか。
(中略)
なにか親切なことをしたときや、その他公益のために人と協力した場合には、彼らの創られた目的を果たしたのであり、自己の本分を全うしたのである。

→役立てた、と思うだけで十分、ということ。
それ以上は望まない。


へえ〜と思った方は、↓をクリック願います。
人気ブログランキングへ


↓塩野七生によるマルクス・アウレーリウス
#134【哲人皇帝】ローマ人の物語29 終わりの始まり 上 塩野七生 新潮文庫
(2011年2月20日 記す)
ローマ人の物語〈29〉終わりの始まり(上) (新潮文庫)
新潮社
塩野 七生

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ローマ人の物語〈29〉終わりの始まり(上) (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



↓これにもマルクス・アウレーリウス

テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)
エンターブレイン
ヤマザキマリ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
#314【ローマ皇帝の言葉】自省録 マルクス・アウレーリウス 岩波文庫1956年 司馬遼太郎とビジネス書と農業関連本などを読む。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる