テーマ:エッセイ、他

#483【節約】電気代500円。贅沢な毎日 アズマカナコ 阪急コミュニケーションズ 2013年

電気代500円。贅沢な毎日CCCメディアハウス アズマカナコ Amazonアソシエイト by 8月はエアコンをつけていることが多いので、電気代がいつもより高くなった。 乳飲み子含めて子ども3人、妻と私で、8月は電気代8000円超。 著者は、東京の郊外で家族と車、エアコン、洗濯機、冷蔵庫、携帯電話のない生活をしている方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#480【歴女】杏のふむふむ 杏 ちくま文庫 2015年

杏のふむふむ (ちくま文庫)筑摩書房 2015-02-13 杏 Amazonアソシエイト by モデル、女優の杏のエッセイ。 本書でも出てくるが、FMのJ-WAVEで、杏と大倉眞一郎が土曜夜にやっているBook Barという番組が好きで、よく聞いていた(最近は22時ころに寝てしまうので、聞けていない)。 杏は、言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#467【捨てたい病】モノを捨てよ、散歩に出よう 鳥居とり Kindle本

モノを捨てよ、散歩に出ようとり書房 ToLi Books 2014-01-10 鳥居 とり Amazonアソシエイト by 引っ越しをして思うのは、いかに余計なものが多いかということ。 引っ越しを機に、捨てたい病になった。 妻の、それはなんかに使えるんじゃない?という声も、使ってないものはこれからも使わないと一蹴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#439【熱い!】調理場という戦場 斉須政雄 幻冬舎文庫

調理場という戦場―「コート・ドール」斉須政雄の仕事論 (幻冬舎文庫)幻冬舎 斉須 政雄 Amazonアソシエイト by 何かで紹介されていて、読んだ本。 そもそも、コート・ドールという有名なレストランがあるのは、これを読んで初めて知った。 この斉須さん、日本のレストランで働いていたが、フランスで修行したいがために…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#438【検索】弱い繋がり 東浩紀 幻冬舎 2014年

弱いつながり 検索ワードを探す旅幻冬舎 東 浩紀 Amazonアソシエイト by √いつぞやの日経新聞朝刊か夕刊のコラム欄に、この本のことが書かれていて、購入してみた。 弱い絆こそが、自分の知らない適性を発見できる可能性があるという。 それを見つけるために、旅に出ようという。 でもそれには、スマホを持って行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#432【しょうもない】日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」水谷竹秀 集英社文庫

日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」 (集英社文庫)集英社 2013-11-20 水谷 竹秀 Amazonアソシエイト by 出張でたまにフィリピンへ行く。 びっくりするくらいのお金持ちもいるし、びっくりするくらいのスラム街もある。 つまり、貧富の差が激しい。 そんな人達にとっては、日本人とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#261【旅】旅する力ー深夜特急ノートー 沢木耕太郎  新潮文庫 2011年5月 

旅する力―深夜特急ノート (新潮文庫)新潮社 沢木 耕太郎 Amazonアソシエイト by 家ヲ出デテ、遠キニ行キ、途中ニアルコト 旅とは何か? に対する答えとして、沢木耕太郎はこれが的を射たものと思う、という。 納得! 家を出た時点で、それは旅と呼べるだろう。 この「旅する力」は、私のバイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#260【沖縄の雑学】沖縄学 中村清司 新潮文庫 2005年

沖縄学―ウチナーンチュ丸裸 (新潮文庫)新潮社 仲村 清司 Amazonアソシエイト by 沖縄に行くので、豆知識のために読んだ。 個人的に、沖縄といえば太平洋戦争の悲惨さを学んだことがあるので、そのような負のイメージが強い。 その他はどんな姿があるのか。 Amazonの内容紹介は次の通り。 おおらかなの…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

#255【TRY】仕事は楽しいかね? デイル・ドーデン きこ書房 2001年

仕事は楽しいかね?きこ書房 デイル ドーテン Amazonアソシエイト by 原題は、the Max strategy。 直訳すると、「最高の戦略」とでもなるだろうか? それよりなら、「仕事は楽しいかね?」の方が、これを手に取ろうと思うはず。 ナイス ネーミング! 内容は、ある老人が仕事も人生も行き詰…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

#254【アイデア】思考の整理学 外山滋比古 ちくま文庫 1986年

思考の整理学 (ちくま文庫)筑摩書房 外山 滋比古 Amazonアソシエイト by 何年か前に読んだが、また読みたくなって購入。 主題は「グライダー兼飛行機のような人間になるために、どういうことを心掛ければよいか」ということ。 冒頭では、このように言っている。 グライダー →自力で飛び上がれないこと …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#240【国際援助】アフガニスタンの診療所から 中村哲 ちくま文庫 1993年

アフガニスタンの診療所から (ちくま文庫)筑摩書房 中村 哲 Amazonアソシエイト by 最近読んだ「エージェント6」の後半の舞台が、ソ連侵攻後のアフガニスタンだったため、以前読んだこの本を再読したくなった。 著者の中村哲さんは、1984年からパキスタンで医療活動をし、1989年からアフガニスタンに活動を延長してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#239【坂の上と菜の花】ロシアについて 北方の原形 司馬遼太郎 文春文庫 1986年

ロシアについて―北方の原形 (文春文庫)文藝春秋 司馬 遼太郎 Amazonアソシエイト by 先に読んだエージェント6、チャイルド44は、ソ連になってからの共産主義時代の話であったが、司馬遼太郎による「ロシアについて」は、それ以前のロシアの話。 司馬遼太郎は、「坂の上の雲」「菜の花の沖」で江戸時代末期から明治時代のロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#228【読み聞かせ】二十一世紀に生きる君たちへ 司馬遼太郎 世界文化社  2001年

二十一世紀に生きる君たちへ (併載:洪庵のたいまつ)世界文化社 司馬 遼太郎 (しば りょうたろう) Amazonアソシエイト by この本は、大阪の司馬遼太郎記念館に行った時、この全文が壁に掲げられていて、初めて読んだ。 そのときから、これを子どもができたら読み聞かせたいと思っていた。 (当時は子どもはもちろん、交…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#227【育児】カヨ子ばあちゃん 73の言葉 久保田カヨ子 ダイヤモンド社 2011年9月

【賢い子に育つ!0歳からのらくらく子育て】 カヨ子ばあちゃん73の言葉ダイヤモンド社 久保田カヨ子 Amazonアソシエイト by 「夫に頼らずこの本に頼りなさい」という帯と、「0歳からのらくらく子育て」という言葉に惹かれて、購入してみた。 かくいう私は、三ヶ月の双子の父。 まだ、泣く、飲む、寝る、排泄する、ちょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#223【モレ愛】モレスキン人生を入れる61の使い方  堀正岳 他  ダイヤモンド社 2011年9月

モレスキン 人生を入れる61の使い方ダイヤモンド社 堀 正岳 Amazonアソシエイト by モレスキンが好きだ! この本を買ったのも、私がモレスキンユーザーだから。 何に使っているかというと、5月に生まれた双子のアルバム兼成長記録として使っている。 ↓こんな感じ。 貼っている写真は、デジタルポラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#222【モテ本】ベスト・パートナーになるために ジョン・グレイ 知的生きかた文庫 1992年

ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫)三笠書房 ジョン グレイ Amazonアソシエイト by いつも見ている「マインドマップ的読書感想文」でプッシュされていた本。 もとが欧米の本なので、正直、そこまでやるのは、ちょっと照れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#216【ハセベか!】心を整える。 長谷部誠 幻冬舎 2011年3月

心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣幻冬舎 長谷部誠 Amazonアソシエイト by 最前線で活躍している人は、その人なりの哲学がある。 最高のコンディションに持って行く方法も、確立されている。 さすが、プロフェッショナル! また、同じ年代だけに、ミスチルファンというのは、親しみを持つ。 (私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#214【大変】アメリカ 選択肢なき選択 安井明彦 日経プレミアシリーズ 2011年7月

アメリカ 選択肢なき選択 (日経プレミアシリーズ)日本経済新聞出版社 安井 明彦 Amazonアソシエイト by マクロ経済を見ていると、米国債格下げのニュースがあっても、なんだかんだいって世界経済の中心はアメリカ。 アメリカは今、どうなの?と思い、読んでみた。 感想。 日本も大変だけど、アメリカもいろいろと大…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

#210【プロ】やめないよ 三浦知良 新潮新書 2011年1月

やめないよ (新潮新書)新潮社 三浦知良 Amazonアソシエイト by さすが、キング・カズ! 何だかんだいっても、カズはキングだとこれを読んで実感。 「遊びもリフレッシュの一環だとすれば、24時間すべてがサッカーのためだ。 食事や睡眠も仕事の一部。」 ↑まさにプロフェッショナル!! 本書は、日経…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

#201【勇気が出る?】働かないアリに意義がある 長谷川英祐 メディア~新書 2010年12月

働かないアリに意義がある (メディアファクトリー新書)メディアファクトリー 長谷川 英祐 Amazonアソシエイト by この題名に惹かれた! 働かなくていいんだ、と元気づけられたわけではないが、どうして働かなくてもアリの社会が成り立つのか、興味深かった。 以下、なるほど~と感じたところ。 ①上司がいなくて…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

#185【文房具以外もあり】究極の文房具ハック 高畑正幸 河出出版社 2010年9月

究極の文房具ハック---身近な道具とデジタルツールで仕事力を上げる河出書房新社 高畑 正幸 Amazonアソシエイト by 文房具王と呼ばれる著者による、ライフハック的な行為を集めた本。 要は、日常のちょっとした工夫。 有効なハックの共通点は、次の4つ。 ・手間がかからず、すぐにでも実践可能。 ・どこから、い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#166【落語家の世界は厳しい!】赤めだか 立川談春 扶桑社 2008年4月

赤めだか扶桑社 立川 談春 Amazonアソシエイト by 落語家・立川談春の自伝。 高校を中退して、立川談志に入門している。 落語家の世界は厳しいということが、よくわかった。 普通の会社員なんて、これに比べたらぬるいもの。 その中で生き抜いて、真打となった人だけに、重みのある言葉が多々あった。 この「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#162【山に登っているだけでない】自然と国家と人間と 野口健 日経プレミア 2009年2月

自然と国家と人間と (日経プレミアシリーズ)日本経済新聞出版社 野口 健 Amazonアソシエイト by 野口健って登山家でしょ、くらいしか知らなかった。 この本を読んで知ったのは、山に登っているだけでなく、山のゴミ拾いをしたりして、環境問題を訴えたり、ヒマラヤで生死をさまよい、戦争で亡くなった人を思い、日本兵の遺骨を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#161【西原理恵子の自伝】この世でいちばん大事な「カネ」の話 西原理恵子 理論社 2008年12月

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)理論社 西原 理恵子 Amazonアソシエイト by ある雑誌の読書特集で薦められていた本。 お金の話かと思ったら、漫画家・西原理恵子の自伝。 実は、「西原理恵子って誰?」というくらいで、どんな人かよくわからなかった。 最近映画化された「毎日かあさん」や、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#158【パチンコを全廃しよう】なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか 若宮健 祥伝社新書

なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか(祥伝社新書226)祥伝社 若宮 健 Amazonアソシエイト by どこの駅前でも、どこの田舎でもパチンコ屋だけは賑わっている。 やらない側からみると、前を通るだけでうるさいし、そんなことをして楽しいのか、としか思わない。 本書でいう「たった数千人の莫大な利益のために、数百万人を…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

#144【危険な放射線量?】今この世界を生きているあなたのためのサイエンス1 リチャード・ムラー

今この世界を生きているあなたのためのサイエンス〈1〉楽工社 リチャード・A. ムラー Amazonアソシエイト by カリフォルニア大学バークレー校の「ベスト講義」の書籍版。 著者リチャード・ムラーは、同校の物理学教授。 マッカーサー・フェロー賞(別名  天才賞)の受賞者。 本書は、著者が文科系学生を対象…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

#133 【わかりやすい!】上杉隆の40字で答えなさい 上杉隆 大和書房

上杉隆の40字で答えなさい  ?きわめて非教科書的な「政治と社会の教科書」?大和書房 上杉 隆 Amazonアソシエイト by 母が友人に薦められたという本。 政治など、答えられそうで答えられないものが、 著者のフィルターを通して、40字で書かれている。 著者のフィルター、というのがポイントで、問題に関して100%…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

#99【同じ「ハルキ」として】夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです 村上春樹インタビュー集 文藝春秋

夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです文藝春秋 村上 春樹 Amazonアソシエイト by 1997-2009の間のインタビュー集。 つまり、「アンダーグラウンド」から「1Q84 book1,2」を書き終えるまで。 私が村上春樹を好きな理由の一つが、私の名前も「はるき」だからだ。 そのおかげで、本好きな外国人に自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#82【日本人とは】 日本辺境論 内田樹 新潮新書

日本辺境論 (新潮新書)新潮社 内田 樹 ユーザレビュー:アナログ的にも理解す ...新味は無くとも日本( ...面白いけれど、200 ...Amazonアソシエイト by 少し前に本屋さんの新書コーナーによくあった本。 どんなものかと思い、購入。 まあ、確かに読みやすい文章だ。 話しているような感じで文章が書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#75【夏にぴったり】 旅をする木 星野道夫 文春文庫

旅をする木 (文春文庫)文藝春秋 星野 道夫 ユーザレビュー:旅をする木からすっと ...元々自然の中にいると ...いつも手もとにおいて ...Amazonアソシエイト by アラスカでカメラマンとして生活していた著者。 「そのゆく先々で一つの風景の中に立って、あるいは誰かに会って、 いかによい時間、満ち足りた時間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more