テーマ:ローマ人の物語

#110【群衆という怪物】 ジュリアス・シーザー シェイクスピア 光文社古典新訳文庫

ジュリアス・シーザー (光文社古典新訳文庫)光文社 シェイクスピア Amazonアソシエイト by 塩野七生の「ローマ人の物語」のカエサルのところまで読んだところで、 別の視点からカエサルを見てみる。 まず、この題名、英語読みだから「ジュリアス・シーザー」 話は、暗殺者側のキャシアスとブルータスを中心に進む。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#109【3月15日】ローマ人の物語13 ユリウス・カエサル ルビコン以後 下 塩野七生 新潮文庫

ローマ人の物語〈13〉ユリウス・カエサル―ルビコン以後(下) (新潮文庫)新潮社 塩野 七生 Amazonアソシエイト by 「3月15日」といえばカエサルの暗殺日、として西欧人の間では常識らしい。 カエサルが暗殺される際に、「ブルータス、お前もか」というが、 デキムス・ブルータスは、ガリア戦役時代のカエサルの優秀な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#108【カエサル改革】ローマ人の物語12 ユリウス・カエサル ルビコン以後 中 塩野七生 新潮文庫

ローマ人の物語〈12〉ユリウス・カエサル―ルビコン以後(中) (新潮文庫)新潮社 塩野 七生 Amazonアソシエイト by 9 ポンペイウスとの争いに勝ったカエサルは、地中海の覇権を得て、 ローマに帰還する。 カエサル融和路線で、内戦で敵対したポンペイウス側の人間も 勝者と同等の権利を与えた。 敗者をも同化す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#107【内戦へ】ローマ人の物語11 ユリウス・カエサル ルビコン以後 上 塩野七生 新潮文庫

ローマ人の物語〈11〉ユリウス・カエサル―ルビコン以後(上) (新潮文庫)新潮社 塩野 七生 Amazonアソシエイト by 「反元老院派の」カエサル、国賊となるのを覚悟でルビコンを越える。 元老院派はポンペイウスを擁しての争いとなる。 論点は、広大になったローマ帝国の統治方法である。 このまま元老院が国政を取…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#105【賽は投げられた】ローマ人の物語10 ユリウスカエサル ルビコン以前 下 塩野七生 新潮文庫

ローマ人の物語〈10〉ユリウス・カエサル ルビコン以前(下) (新潮文庫)新潮社 塩野 七生 Amazonアソシエイト by ガリア戦役6~8年目。 6年目、三頭のひとりクラッススが、今のイランのあたりの大国パルティアに遠征する。 ポンペイウス、カエサルには軍事上の名声があったが、彼にはなかったため、 焦っての遠征…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

#104【ガリア戦役へ】ローマ人の物語9 ユリウス・カエサル ルビコン以前[中] 塩野七生 新潮文庫

ローマ人の物語〈9〉ユリウス・カエサル ルビコン以前(中) (新潮文庫)新潮社 塩野 七生 Amazonアソシエイト by カエサル、40にして執政官に立候補。 当時、地中海を覇権におさめたポンペイウス、 そしてカエサルの最大債権者で経済界の代表クラッスス とともに秘密裏に三頭政治を開始。 これは、カエサルが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#103【カエサル登場】ローマ人の物語8 ユリウス・カエサル ルビコン以前[上] 塩野七生 新潮文庫

ローマ人の物語〈8〉ユリウス・カエサル ルビコン以前(上) (新潮文庫)新潮社 塩野 七生 Amazonアソシエイト by ローマ人の物語の中の最重要人物ユリウス・カエサル。 「共和政に幕を引き、壮大なる世界帝国への道筋を引いた不世出の天才」である。 現時点で40巻まであるが、その中でカエサルについては6巻もある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#101【混乱の時代】 ローマ人の物語7 勝者の混迷[下] 塩野七生 新潮文庫

ローマ人の物語 (7) ― 勝者の混迷(下)新潮文庫新潮社 塩野 七生 Amazonアソシエイト by 前巻では、同盟国との戦い、「同盟者戦役」が起きたところまでだった。 その間、小アジアでは、ポントスという国の王ミトリダテスが反ローマに立つ。 しかし、彼の予想に反して同盟者戦役はすぐに終わり、ミトリダテスは制圧され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#100【次なる敵は内に】 ローマ人の物語6 勝者の混迷[上] 塩野七生 新潮文庫

ローマ人の物語 (6) ― 勝者の混迷(上)新潮文庫新潮社 塩野 七生 Amazonアソシエイト by 気がつけば、100回目。 ハンニバル率いるカルタゴに勝利し、地中海の覇者となったローマ。 国外の敵はいなくなったが、次なる敵は国内にいた。 ポエニ戦役後のローマは、労働力としての奴隷が入ってきていた。 戦役…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#98【ハンニバルのおかげ】 ローマ人の物語5 ハンニバル戦記[下] 塩野七生 新潮文庫

ローマ人の物語 (5) ― ハンニバル戦記(下) 新潮文庫新潮社 塩野 七生 Amazonアソシエイト by カルタゴのハンニバルとローマのスキピオがついに激突。 この2人は、古代の名将を5人挙げるとすれば、必ず上がる2人である。 すべての歴史の中での名称ベスト10にも入るらしい。 同時代に2人も名将がいるのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#97【ハンニバルVSスキピオ】 ローマ人の物語4 ハンニバル戦記[中] 塩野七生 新潮文庫

ローマ人の物語 (4) ― ハンニバル戦記(中) 新潮文庫新潮社 塩野 七生 Amazonアソシエイト by 中巻にして、カルタゴ側の主役のハンニバルと、ローマ側の主役スキピオが登場。 第一次ポエニ戦役では、ローマが当時の地中海の制海権をもつカルタゴに勝利。 カルタゴから満を持して登場したのは、武将であった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#96【ローマ、海を渡る】 ローマ人の物語3 ハンニバル戦記[上] 塩野七生 新潮文庫

ローマ人の物語 (3) ― ハンニバル戦記(上) 新潮文庫新潮社 塩野 七生 Amazonアソシエイト by このハンニバル戦記は、紀元前264年から前133年までの130年間、 イタリア半島を統一したローマと、当時、地中海の制海権をもっていた カルタゴとの戦いの話である。 ポエニ戦役と呼ばれている。 カル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#95【ローマに行ってきました!】ローマ人の物語 スペシャルガイドブック 新潮社

塩野七生『ローマ人の物語』スペシャル・ガイドブック新潮社 Amazonアソシエイト by 「ローマ人の物語」愛読者として、新婚旅行でローマに行ってきました! ↑これが持っていったガイドブック。 * * * * * * * * * * * * * * * * * * ↓ローマ建国伝説の、オオカミと双子ロムルス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#94【ついにイタリア半島統一】ローマ人の物語2 ローマは一日にして成らず(下) 塩野七生 新潮文庫

ローマ人の物語 (2) ― ローマは一日にして成らず(下) 新潮文庫新潮社 塩野 七生 ユーザレビュー:「リキニウス法」や「 ...ローマ人、その愚直な ...王制から共和制へ ロ ...Amazonアソシエイト by 本巻は、紀元前461年から紀元前270年ころまで。 この間は、ギリシアを視察したり、成文法を発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#93【なぜローマ人だけが】ローマ人の物語1 ローマは一日にして成らず(上) 塩野七生 新潮文庫

ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) 新潮文庫新潮社 塩野 七生 ユーザレビュー:ストーリーと歴史家の ...初心者に最適古代ロー ...年表として読むよう薦 ...Amazonアソシエイト by 去年、文庫本で1巻から37巻まで読んだが、改めて1巻から読むことにした。 その大きな理由は、1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#91【キリスト教に呑み込まれる】 ローマ人の物語40 キリストの勝利(下) 塩野七生 新潮文庫

ローマ人の物語〈40〉キリストの勝利〈下〉 (新潮文庫)新潮社 塩野 七生 ユーザレビュー:キリスト教は国を乗っ ...キリスト教の勝利=多 ...聖人の時代司教アンブ ...Amazonアソシエイト by キリスト教がローマ帝国の国教となってしまった。 すなわち、宗教の信教の自由を認めないということである。 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#90【反対派と闘う皇帝ユリアヌス】ローマ人の物語39 キリストの勝利(中) 塩野七生 新潮文庫

ローマ人の物語〈39〉キリストの勝利〈中〉 (新潮文庫)新潮社 塩野 七生 ユーザレビュー:悲劇の背教者ユリアヌ ...どこが背教?ユリアヌ ...輝かしい「背教者」前 ...Amazonアソシエイト by 「キリストの勝利」というテーマであるが、本巻の主人公 ユリアヌスは皇帝としてキリスト教国教化に抵抗する。 なぜ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#89【キリスト教 公認化される】 ローマ人の物語38 キリストの勝利(上) 塩野七生 新潮文庫

ローマ人の物語〈38〉キリストの勝利〈上〉 (新潮文庫)新潮社 塩野 七生 ユーザレビュー:文庫本読者に朗報!  ...Amazonアソシエイト by 去年、このローマ人の物語を、文庫本で37巻まで読んだ。 9月に、ついに続編が文庫化されたので、早速購入。 読むのが1年ぶりなので、カエサルなどの有名人は覚えている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more